未分類

髪やまつげを抜く癖を克服するのに効果的なストレスコーピング3選【抜毛症改善】

更新日:

Pocket

こんにちは!

抜毛症克服コーチの井上嗣海です。

 

生きていれば些細なことでストレスを感じますよね。

外出しようとしたら雨が降ってきた、上司に怒られた、デートの予定をドタキャンされた、タバコのポイ捨てを見かけたetc…

 

日常でストレスを感じたときに人は、それを溜め込まないように発散します。

でも、そのストレス発散方法が悪いものだと、

かえってストレスを増やしたり、心身に悪影響をもたらします。

 

例えば、喫煙によってストレス発散する人がいますが、

喫煙で解消できるストレスは「ニコチン切れ」だけで、根本的なストレスにはなっていません。

 

また暴飲暴食や深酒、スイーツを食べる、

というのもストレス発散になっているようで、

実は体の免疫機能を落としてストレスを感じやすい体質になってしまいます。

 

なので、心身に悪影響をもたらすことなくむしろメンタルを強くしてくれて、

心身の健康状態をよくしてくれるストレス発散方法を知る必要があります。

 

今日は心身に良い影響を与える科学的根拠のある3つの方法を紹介します。

 

ストレスを軽減してくれるアロマペンダント

一つ目は、アロマです。

 

アロマにはその香りによって様々な効果があります。

レモンやグレープフルーツのような柑橘系は集中力を高め、

ラベンダーやローズのようなフローラル系は、

体の緊張をほぐし、リラックス効果があります。

 

私はいつも、ピンクグレープフルーツとラベンダーのアロマを持ち歩き、状況に応じて使い分けています。

例えばストレスを感じた際や、感情が昂っているのを

抑えたいときはラベンダーの香りを嗅いで気持ちを落ち着けます。

 

逆に集中力を上げたいときや運動前・運動中の、

やる気を高めたいときはピンクグレープフルーツの香りを嗅いでやる気アップしています。

 

特に抜毛症の方は、ストレスを感じたときに髪を抜く傾向があるので、

ラベンダーのようなリラックス効果の高いアロマを持ち歩くことで、

突発的に生じるストレスにうまく対処できるようになります。

 

そこで、アロマを気軽に楽しむためにオススメなのが、

アロマペンダントアロマストーンです。

 

気軽に持ち歩けるので、いつでも嗅ぐことができます。

 

アロマペンダントやストーンの選び方などはこちら⬇︎

マ・ジ・デ効果絶大!抜毛症治療に効果的な2つのアイテム(ネタバレ:リストバンドとアロマペンダント)

1分瞑想法でストレスも髪を抜く癖も撃退

呼吸を整えることは、心を整えることとイコール関係にあります。

 

緊張したり、ストレスを感じると、人は無意識のうちに呼吸が浅くなります。

そこで「あ、今ストレスを感じてるな」と気づいた時に、

一度落ち着いて1分程度深く呼吸するようにしてください。

 

瞑想なので理想的なのは目を閉じて、

呼吸にのみ集中するのがいいですが、

 

仕事中や運転中のように、

他のことに意識を向けないといけなかったり、

 

目を閉じるのが危険な場合は、

目を開けたまま、他のことを考えていてもいいので、

深く、10 〜20秒かけて深呼吸するようにしましょう。

 

それだけでメンタルがとても安定するし、

長期的に見て免疫改善や認知症予防など心身や脳に良い影響を与えることができます。

ちょっと試しに今この瞬間、20〜60秒で良いので、

お試しの1分瞑想をやってみましょう!

 

1分瞑想を深く理解したい方は、

「1分瞑想法」という本を読んでみるのをオススメします!

不安改善やメンタル安定になるエクスプレッシブ・ライティング

エクスプレッシブ・ライティングは、

あなたが抱えている悩みやストレスの種を、

ノートやメモ帳に書き込む方法です。

 

 

頭の中にぼんやり浮かんでいる不安やストレスを、

紙に書くことで、不安解消やメンタル改善になります。

 

「それだけで本当に効果があるの?」

と思う人もいると思いますが、

 

エクスプレッシブ・ライティングの生みの親のジェームズ・ペネベーガー博士は自著でこう述べています。

 

「数々の研究により、”エクスプレッシブ・ライティング”を
行った被験者は幸福感が高まり、ネガティブな感情が減った。

さらには、”エクスプレッシブ・ライティング”を始めて、
数週間から数ヶ月で鬱や不安が改善し、ストレスがおだやかになる傾向も見られた。

その他の研究でも、全体的な幸福感の高まりや、認知機能の改善などが確認されている。」

 

つまりまとめると、

”エクスプレッシブ・ライティング”を実践すれば、

ストレスに強くなるのはもちろん、

幸せな気分でいられるようになるうえ、

頭まで良くなってしまうということです。

 

ミシガン大学の研究チームは”エクスプレッシブ・ライティング”の効果を検証した2017年の論文でこう述べています。


「心配事は認知のリソースを消費してしまう。

要するに、ストレスが多い人というのは、いつもマルチタスクで作業しているようなものだ。

このような人たちは、一つの作業をしていながらも、
もう一方では自分の心配事をモニタリングしつつ、さらにはその感情を抑えようとしている。

 

これでは仕事の生産性が下がるだけでなく、目の前のことを楽しめなくなってしまう。

しかし、”エクスプレッシブ・ライティング”で悩みをいったん外に出すことで、

認知のリソースが解放され、もっと脳を効率よく使えるようになる。」

 

確かに言われてみれば、人に悩みを打ち明けたり、紙に書き出した後は、気分がスッキリしますよね。

悩み相談は相手がいないとできないし、

 

相手にも場合によっては迷惑をかけてしまう可能性がありますが、

”エクスプレッシブ・ライティング”なら、紙とペンさえあればそれができてしまいます。

 

また、紙とペンがなくてもスマホがあればメモに残せます。

とにかく、形を気にせず、今頭の中にあるモヤモヤや、悩みを書き出すだけでいいのです。

 

ただ、エクスプレッシブ・ライティングの効果を最大化するには、ポイントが3つがあります。

 

ポイント1 まずは4日間だけ続けてみる

 

多くの研究によれば、最低でも4日連続で自分の感情を書き続けないと、”エクスプレッシブ・ライティング”の効果は薄れてしまいます。

実践の時間は、夜寝る前や、帰りの電車の中などがいいでしょう。

最初が面倒でも4日間続ければ、それ以降は週1回程度でも効果が持続することがわかっているのでぜひ実践しましょう!

 

ポイント2 1日20分は書き続ける

 

研究によれば、”エクスプレッシブ・ライティング”1日20分間書き続けることで、効果を最大化できるようです。

その際は、文章のうまさや誤字脱字等は気にせず、心のまま書きたいことを書き続けましょう。

4日連続で同じ悩みについて書いても問題ありません。

 

ポイント3 慣れたら悩みを展開する

 

悩みやモヤモヤ、不安を書くことに慣れてきたら、2週目位以降には悩みを展開していくことを考えましょう。

例えば「仕事の始業時間に遅れて、上司にこっぴどく叱られた…」
という悩みをノートに書いた場合は、

・このミスは家族や友人、同僚にどんな影響を与えるだろうか?

・このミスは自分の過去と未来にどう関係するだろうか?

 

などのような質問を投げかけ、ストレスがあなたの人生に与える影響まで広く想像してみます。

こうすることで、「自分はどんな感情を抱いているのか?」に深く気づくことができ、

ストレスを客観的に見る視点を身につけることができます。

 

ストレスを客観的にみることができれば、

起きた出来事(ストレス)にすぐによくない反応をしてしまって

悪い結果をもたらすことなく、

一歩引いた冷静な対応ができるようになります。

 

科学的根拠もあり、非常に効果の高い方法になるので、まずは4日間試してみましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ストレス発散のために髪を抜いたり、飲酒、暴飲暴食をしてメンタルを弱くするよりも、

心身ともに健康体になる、良いストレス発散方法を実践しましょう。

そのために、

・アロマペンダント

・1分瞑想法

・エクスプレッシブ・ライティング
はオススメです!

ぜひやってみてください。

-未分類

Copyright© 抜毛症ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.