抜毛症の克服方法

抜毛症の男が使うべき育毛剤はこれ!髪型はこれ!

更新日:

Pocket

こんにちは、抜毛症克服コーチの井上つぐみです。

今日は抜毛症に悩む男が使うべき育毛剤や、髪型について書いていきたいと思います。

抜毛症の男が使うべき育毛剤はリアップ一択

結論から書きますが、抜毛症に悩んでいる男が

使うべき育毛剤は、「大正製薬のリアップ」です!

 

先に言っておきますが、大正製薬の回し者ではありません。
お金をもらってるわけじゃないのであしからず。

 

読者さんの中では、市販されている育毛剤・発毛剤をみて、

「種類が多すぎて選べない」と頭を抱えた方もいるはずです。

 

とにかく商品数が多くて選びづらいのが育毛剤・発毛剤です。

 

整髪料など手軽なものであれば店頭に行って、気になったものを買って、

使ってみて良ければ継続するという選択を取れるのでいいのですが、

 

育毛剤や発毛剤の場合、効果が出るまでに時間がかかるので良いかどうかの判断がつきづらいのと、商品自体の金額もソコソコしてしまうので、あまり気軽に選ぶことはオススメしません。

 

きちんと有効成分を確かめて、効果があるものを選ぶべきです。

 

そしてその上で、男性にも女性にも共通するのですが、

早く抜けた髪の毛を取り戻し、もとどおりに習いたいなら、「リアップ」で間違いなしです。

 

なぜなら、通常市販されている育毛剤・発毛剤は、

血行が良くなったり、す〜っとしたりで、

なんだか生えてきそうな雰囲気は味わえますが、

その期待とは裏腹に、発毛の効果はまったく実証されていません。

 

商品パッケージに「それっぽいこと」が書かれていますが、騙されないようにしてください。

 

厚生労働省の研究で発毛の効果が認められている成分で、

「ミノキシジル」という成分があります。

抜毛症男に不可欠な育毛剤の成分「ミノキシジル」

唯一、研究によって発毛効果が認められた成分であり、

実はこの「ミノキシジル」が含まれる発毛剤・育毛剤は、日本中を探しても「リアップ」だけなのです。

 

なので、早く髪を生やしたい、抜毛症で抜いてしまって傷ついた(かも?)しれない頭皮を守りたい。

 

そう思うのであれば、今すぐリアップを買うことをオススメします。

 

僕自身も、何回かリアップ以外の発毛剤・育毛剤を試しましたが、

効果はまったく感じることができませんでした。

 

しかし、リアップに関してのみ、使った時と使わなかった時の、

髪の毛の伸びる速さに違いを感じました。

 

これはあくまで体感での話なのですが、1.3倍くらいにはなったような気がしました。

※あくまで個人の見解ですのであまりお気になされず

 

ちなみに「プロペシア」というミノキシジルと併用する薬も市販されていますが、

これは抜毛防止(自然に抜ける)の薬のため、

自分で抜いてしまう抜毛症患者に効果があるかと言われれば、あまり意味はないと思われます。

抜毛症の男が買うべき育毛剤「リアップ」の買い方

薬局に行けば他の育毛剤・発毛剤と同じコーナーに並べらていることが多いので、

そちらで買い求めることをオススメします。

しかし、第一類薬品なので「薬剤師」のいる薬局でしか購入することができません。

 

買っているところを周りから見られたくない方や、恥ずかしい方は、

アマゾンや楽天でも購入することができるのでチェックしてみていいと思います。

 

抜毛症の男にオススメ髪型

抜毛症が慢性化すると、自分がしたい髪型もなかなかできなくなってしまいますよね。

 

そのため、どうするか真剣に悩む方も多いと思います。

 

私の場合は、仕事が営業なので見た目で相手に不快感を与えてしまうわけにはいけません。

 

残念なことに人間は第一印象で相手のことを判断してしまいがちなので、ハゲているとそれだけで営業上マイナスになることがあります。

 

もちろん、スキンヘッドのように開きなって全剃りすると逆に清潔感が出ることもあるのですが、中途半端なハゲは不潔な印象を与えてしまいがちです。

 

そのため、可能な限りハゲが目立ちにくいようにしたいのですが、

そのための髪型はどんなものがいいでしょうか。

 

1、パーマ

まず、髪の毛がショートヘアー以上なら、「パーマ」は必須です。

 

天然パーマの人は別にいらないと思いますが、私のようにストレートヘアーの方は、

薄毛がかなり目立ってしまいます。

 

しかし「パーマ」をかけるだけで、ずいぶん目立ちにくくなります。

 

2、髪を染める

職業や学校しだいで、できない方が多いと思いますが、髪を明るくすると目立ちづらくはなります。

黒髪は肌との色の差(コントラスト)が強いので、どうしても薄毛が目立ちます。

なので明るい色に変えることができれば多少は目立ちにくくなります。

 

男は坊主にすれば抜毛症は治るのか問題

3、逆に目立つ坊主

抜毛症で症状が激しくなると、男なら「坊主」を考えるでしょう。

実は、私も坊主は大っ嫌いで絶対にやりたくはありませんでしたが、

背に腹は変えられないという思いで、思い切って坊主にしました。

 

すると二つの点で変わったことがありました。

まず一つに見た目です。

 

初めは、0.8mmのバリカンで丸刈りにしてもらったのですが、

抜毛症で抜いてしまった部位が思ったよりもひどく、とにかく目立ちました。

 

髪があった頃は伸びている髪で皮膚が見えづらくなっていたのでハゲが目立ちにくかったのですが、坊主にした瞬間に隠してくれるものがなくなり、一気に目立つようになりました。

私の場合は、坊主にしたと同時に、新宿の伊勢丹でおしゃれなハットを購入して、フォーマルな格好で外出する際はそれをかぶるようにしました。

すると、2ヶ月半ほどで抜毛症の影響でなくなっていた髪が復活し、帽子なしでも全く抜毛が目立たなくなりました。

 

二つ目に、抜毛症の進行です。

坊主にしたことで、髪を抜こうにも抜けなくなったので、抜毛症は一時的に治りました。

もちろん、根本的な解決になっていないので、しばらく抜かなくなっただけで、

髪の毛が伸びると抜毛の癖は当たり前のように復活しました。

 

抜毛症で坊主にした知り合い5人に「髪が伸びた後抜毛症は再発した?」

と聞いたところ、全員が「再発した」と答えたので、

坊主にするだけでは抜毛症を克服することはできないでしょう。

 

しかし、やはり3ヶ月ほどの期間は、髪の毛を全く抜くこともなく、

触ることもほとんどなかったので、その期間はとても気持ちが楽になりました。

 

最初は、自分が自分の坊主姿に見なれずに人と会うのを避けがちになりましたが、

それも慣れれば気にならないので、ずっと坊主で生きることに抵抗がない人は、オススメできると思います。

抜毛症の男でもフサフサに見える増毛スプレー

4、増毛スプレー

これは、デメリットも多いのですが、一度使うとなくてはならないものになります。

ちなみに僕は常に手持ちサイズの増毛スプレーを、バックの中に忍び込ませていました。

 

増毛スプレーに馴染みのない人も多いと思いますが、

増毛スプレーは様々な髪の色に対応したものが市販されており(黒が圧倒的に多い)、

スプレーを髪の薄い部分に吹きかければ、髪が増えたように見えます。

 

仕組みとしては黒い粒子が髪の毛に張り付き、ボリューム感がアップして見える仕組みです。

 

パッと見でも、近くで見られても、よほど皮膚に吹きかけてない限り、バレることはありません。

(私も10ヶ月くらい使っていましたが1度もバレてません)

 

しかし、注意しなければいけないのは、髪の毛につけば自然にボリュームアップされますが、皮膚に着くとペンキで塗られたような感じになるので、明らかに不自然です。

鏡を見ながら慎重にやったほうがいいですね。

 

薬局に行けば大抵売っていますし、気軽に使えるので、大変重宝しているのですが、

ただやはりデメリットも多いです。

 

まず一つに、髪がパリパリになって痛み、抜けやすくなる。

毎日吹きかけるので、夜寝る前にシャワーを浴びないと、枕が真っ黒になります

 

そのため夜シャワーを浴びる(シャンプーは2回)のですが、その時に結構髪が抜けます。

どのスプレーを使ってもこの現象は起きたので仕方ないのかなと思います。

 

次に、不用意にベッドに横になれない。

先ほども書きましたが、枕に横になれば枕に色がつき、

ベッドに横になればシーツに色が移ります。

 

つけた直後でなければ手で髪を触る分には手は汚れないのですが、

衣類などは色が移りやすいようでした。

ただ、気をつければ問題なく生活は送れました。

 

三つ目に、外泊ができない。

誰かの家に泊まったり、異性とホテルに行ったりすれば、当たり前ですがお風呂に入ると思います。

お風呂に入って髪を洗えば当然ボリュームはなくなるので、お風呂から上がってきたあなたを見て、友人や彼女は、「まるで別人」のように感じられてしまうかもしれません。

当然、お風呂から上がって再度スプレーをつけてしまえば、寝た時にスーツ類に色が移ってしまい、迷惑をかけてしまうので、なかなかお泊まりがしづらくなるのはあるでしょう。

 

しかし、やはり、坊主にすることも髪を染めることもなく、それでいてハゲていることを隠そうとするなら、増毛スプレーは非常にいいアイテムになったのは確かです。

 

その辺りを踏まえた上で使うかどうかを判断するといいと思います。

 

ちなみに粉末タイプとスプレータイプがありますが、

使うなら断然スプレータイプが使いやすいです。

 

参考までに私が購入して使っていたものもご紹介します↓

 

5、気にせず今の髪型を楽しむ

正直これが一番だと思います。

私が好きな格言に、「バラせば人格、バレれば失脚」という言葉があります。

 

抜毛症は普通の薄毛に悩む方と違い、自分がハゲていることを認めたがりません。

しかし、逆にあえてハゲていることを認めてしまって、キャラにしてしまえば、

世間は思った以上にあなたのことを受け入れてくれますし、それであなたを嫌いになったりしません。

 

それよりはむしろ、自分の弱い部分、コンプレックスをさらけ出してしまう器の大きい人間に見られるようになります。

簡単なことではありませんし、それをやるのはとても難しいのは分かります。

 

なのでできる人だけやればいいと思いますが、気にしないことでストレスもなくなって、抜毛症も治るきっかけになるかもしれませんので、心のどこかに覚えておいてもらえると嬉しいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

なんども言うようですが、育毛剤・発毛剤で迷ったら「リアップ」が一番です!

抜毛症の根本的な問題も解決していきつつ、次の髪の毛をしっかり育てていきましょう。

 

髪型もいろいろと方法はありますが、今の自分を受け入れて、今のあなたのまま生きるというのも素晴らしい方法です。

 

それができないなら、他に紹介した4つの方法を参照しながら、自分にあった対策を取ってみてください。

 

それでは本日は以上になります。

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

-抜毛症の克服方法

Copyright© 抜毛症ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.